今日子さんからのお知らせです。

東京オリンピック開会式の夜、スイス国営テレビのドイツ語放送で放映された日本人映画監督のアヤ・ドメーニグ最新作ドキュメンタリービデオ「サイレント・フクシマ」が、オリンピック開催中、監督のご意向によって無料で開放されます。
https://is.gd/Z3SUVT
是非、御覧ください。



登場人物
 おしどりマコ
 おしどりケン
2021-08-05_09h40_40
 中筋純
 アーサー・ビナード
 土井敏邦

原発事故から10年が経ち、日本では福島のことを話題にする人々がとても少なくなりました。
東京では夏季オリンピックが予定されており、日本政府は世界に向けて優れた、そして安全な日本を見せることに一生懸命のように見えます。
しかし、多くの場所で放射線量は依然として懸念されるレベルのままで、崩壊した原子炉の解体をめぐる問題は未解決のままであり、多くの避難者は未だに汚染された家に戻ることができていません。 《サイレント福島》では、スイス・日本人監督のアヤ・ドメーニグが、政府の原発事故軽視政策を批判し、忘却と闘う5人の日本人アーティストを描いています。この映画は、市民と国家の関係、芸術と政治の関係、そして未来の世代に対する私たちの責任について問いかけます。