予約でいっぱいになる映画がポレポレ東中野で始まりました。

http://www.nazekimi.com/
200307_naze_poster021ol


衆議院議員・小川淳也(当選5期)、49歳。
2019年の国会で統計不正を質し、SNSで「統計王子」「こんな政治家がいたのか」と注目を集めた。
彼と初めて出会ったのは、2003年10月10日、衆議院解散の日。
当時32歳、民主党から初出馬する小川にカメラを向けた。「国民のためという思いなら誰にも負けない自信がある」と真っすぐに語る無私な姿勢に惹かれ、事あるごとに撮影をするようになる。地盤・看板・カバンなしで始めた選挙戦。
2005年に初当選し、2009年に政権交代を果たすと「日本の政治は変わります。自分たちが変えます」と小川は目を輝かせた。
現在『news23』のキャスターを務める星浩や、安倍政権寄りと評される政治ジャーナリスト・田﨑史郎ら、リベラル・保守双方の論客から“見どころのある若手政治家”と期待されていた。しかし・・・
予告編



小川淳也の魅力的な人となりや考え方や政治家としての日々を17年間追いかけた映画。
日本の政治状況があぶり出されて、新聞各紙も特集しています。




   




この記事が読み応えがありました。

◆映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』を撮って~小川淳也との17年
- 大島 新|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
https://webronza.asahi.com/national/articles/2020052900010.html?page=1 

志が高く有能であっても若手が活躍できない実情
 そこからはじまったインタビューは、直近にあった参院選のこと、イギリスのEU離脱についてなど、話は多岐にわたった。安倍政権が3年半続いているなかで、野党第1党である民進党の現状のふがいなさも口にした。

 しかし、そのふがいない党内で、自分自身が「出世」していないことが、小川にとって何より歯がゆいことだった。

 日本の未来のために政策提言をしたいのに、党の幹部からは安倍政権の攻撃をしろと言われる。国民のため国家のためという思いなら誰にも負けない気持ちでいるのに、党利党益に貢献しなければいけない……。

監督と小川の出会い
 いわく「政治家になりたい、と思ったことは一度もないんですよ。“なりたい”ではなく、“ならなきゃ”なんですよ。やらざるを得んじゃないか、という気持ちなんです」。その後に続いた小川の言葉が、17年間にわたって彼と交流を続けることになる決定打となった。

 「政治家がバカだとか、政治家を笑ってるうちは、この国は絶対に変わらない。だって政治家って、自分たちが選んだ相手じゃないですか。自分たちが選んだ相手を笑ってるわけですから、絶対に変わらないと思ったんですよね」

 そして、やるからには総理大臣を目指す、自分で国のかじ取りをしていくつもりだと言い切った。

 小川32歳、私は34歳。2歳年下の真っすぐな目をした男に、惹きこまれた瞬間だった。

ご両親もとても誠実でまっとうな家庭環境

 小川の真っすぐな性格が育まれたのは、このご両親のもとで育ったからなんだな、と感じたのは、こんな言葉を聞いた時だった。「本人がいま言っている初志が、もしずれてきたり、間違った方向に行ったと感じた時は、先頭に立って引きずりおろします」という父親に、「私たちが死んだら、妹と弟が引きずりおろします」と母親が続ける。

 政治家という職業を家業ととらえ、たいした志もなく代々続けている世襲議員とその家族にこの言葉を聞かせてやりたいわ!

政治をどう捉えているか

 「何事もゼロか100じゃないんですよ。何事も51対49。でも出てきた結論は、ゼロか100に見えるんですよ。51対49で決まってることが。政治っていうのは、勝った51がどれだけ残りの49を背負うかなんです。でも勝った51が勝った51のために政治をしてるんですよ、いま」

官僚出身の彼は、経済政策でれいわとは違います。

 小川の政策の根本は、人口減少及び超高齢化が進む未来に向けて、持続可能な制度設計をし直す、ということに尽きる。北欧諸国型の高福祉国家を目指すために、国民に負担を強いることをお願いするのがこれからの政治リーダーである、と常に語っていた。

 国際的には協調主義で、アメリカ一辺倒ではなく、中韓はじめ近隣諸国はもちろん、世界中の国との円満かつ緊密な関係構築を主張している。そのためにも、外国人材の受け入れを推進し、日本をもっと広く開放するべき、と考えている。

 政治用語でいえば、中道左派、穏健なリベラルといったポジションにいると言える。ただし、小川は中央官庁(総務省)の出身だけに、リアリティを持って「国を運営する」という意識があるので、いわゆる「左派」とは一線を画している。

民進党が希望の党に合流するというときの葛藤と迷い

 その現実をどう思うのか問うと、小川は「なんというのかな、途方に暮れそうになるのはそういうところで、つまり政治に必要なのは、ある種誠意とか、1本の筋道とか一貫性とか、人望とか人徳とか、そういう教科書的な考え方ってあるじゃないですか。でも細野さんとか小池さんを見てると、政治に必要なのはただ一つ、“したたかさ”だけなのか、と。そういう無力感に襲われる時がありますよね」と語ったあと、黙り込んだ。

その後選んだのは
 2018年5月、あだ花としか言いようがなかった希望の党は、あっさりと崩壊した。解党し、受け皿として国民民主党が結党されたが、小川は合流せず、無所属の道を選んだ。

 話を聞きに行くと、「昨年犯した過ち…本当にそうしたいと思わずに進んだ結果、多くの有権者をがっかりさせてしまって、どう落とし前をつけるのかと。もはや仁義では政治はやれない。前原誠司への仁義、玉木雄一郎への仁義はあるけど、無所属を選びました。出直しです」と語った。小川の顔は、すっきりしていた。

注目を浴びたのは国会で管さんを追求した質疑
 そして2019年2月、統計不正についての小川の国会質疑が、SNS等で話題になる。

 一見地味にも思えるネタながら、調べつくしたデータをもとに、渾身の力を込めて安倍政権を追及する小川の言葉は、口先だけではない、全人格的な迫力があった。言葉に、全体重が乗っていた。

 小川は、これを機に一部の国会ウオッチャーから注目されるようになる。浮上の瞬間だった。