歩き始めて1週間が経ちました。
約150キロを歩きました。
1日目はリュックの10㎏が重く、2日目は山を越え、3~4日目は突然の大雨に見舞われましたが、やっと歩くリズムが出てきて大分楽になりました。

私の好きなアストゥリアス地方の「ソト・デ・ルイーニャ村」に7年ぶりにやって来ました。
1091
1092
今回は「アパルタホテル」に泊まりました。
1094
このようなホテルが増えた感じがします。巡礼者が増えたのでしょう。
巡礼者に優しいホテルで洗濯物の干場も完備しています。
1095
1人1泊2500円で泊まれました。
1096 
7年前は「ホテル・ルイーニャ」に泊まりました。
1098
オーナーのペペを訪ねましたが覚えていてくれ、喜んでくれました。
1105
めったに日本人は来ないのだと思います。
今回もまだ一人の東洋人とも出会っていません。
1101
1102
ペペはボランティア精神が旺盛で、巡礼宿の管理人を20年に渡ってやっていましたが、今はホテルとカフェの経営に専念しているそうです。
3月には40キロの範囲で黄色い矢印のペンキを塗り直したそうです。
我々が楽しく歩けるのはそうした地道な努力をしている方々のお陰だと思います。
服にペンキが付いた写真を自慢げに見せてくれました。

ペペが車で夜の9時頃、サンセットを見に連れていってくれました。
1099
1104

ソト・デ・ルイーニャの辺りは3階以上は認められておらず、各家には「緑の空間」を造ることが義務付けられているそうです。土地の広さが日本とは違うと思いますが…。

今日の気温は21度でした。
バルセロナ辺りは大雨で洪水が起こり、南のアンダルシア地方は最高気温が37度とかテレビで流れていました。
この辺りは夏も最高気温が25~6度位で涼しいそうです。

牛さんも海を見ながら幸せそうに草を食べています。
1107
冬用に干し草を蓄えたフレコンバックがたくさんあります。
フレコンバックって、本来、除染土を入れるものではありませんよね❗️
1108
またいつか再会したいものですが、そのためにはまたここまで歩いてこなければならないし…。なにせバスが1日に1本しかない!

スペインでは今リンゴの花が盛りです。
1112
家々も綺麗に花で飾られています。
1113
1114

(寅さんに)
白と黒のツートンカラーのオナガより少し大きな鳥が野原ではよく飛んでいます。
でも『あれがカラスかなぁ?』と思っていたら、日本のカラスと同じ姿容の鳥が飛んでいました。
鳥が飛んでいると『あっ、鳥だ!』という程度の知識しか持ち合わせていない私です。
帰るまでにスペインのカラスについても多少勉強して帰ります。
1110