報告:どりあんさん 

ご参加くださった8名の方、ありがとうございました。
それぞれの活動報告と、それについての議論など、いつものようにゆったりとしたお話の時間が持てました。

世田谷区の小学校での、卒業式の練習での一コマ。
校長先生の「国歌・国旗」についての過度な教えに対して、父母学童共に反旗を翻して、只今闘争中!(枯れ木ファミリー素敵)
すべての学校をチェックすることはできませんが、強制的にさせられているところは増えてきているんでしょうね。
「国歌・国旗法」が成立した時に、「これは強要されては困る」とニュースをしっかり確認しました。
その時に「将来強要するものではありません」とはっきり言ったのは小渕さんだったかな?それを聞いて安心しましたが、やっぱり「法律」が出来ちゃうと、どんどんそっちの方に進んでいくんですね。

「おかしいことは、おかしい」と声を上げること。これ、一番大事!
(今の日本人に欠けているもの)

いよいよ地方選挙です。
知事選では、自民党の派閥選挙のようになっていて、国民の「選ぶ権利」が狭められている感じです。野党がんばれ!

その中で、北海道選だけは、対立選挙になっています。
自公民対立憲。この結果が参院選にも影響していくでしょう。

改憲に関しては、今のところ、憲法審査会が開かれていないので、進んでいません。
自民党は、今国会で「国民投票法」を通したいので、注目です。

地方選挙は、3月29日告示、4月7日投票です。
市議選と県議選があります。
有志の何人かが、孤軍奮闘している若手議員さんの背中を押し、お尻を叩き、老体に鞭打って、勝手連的に頑張っています。当選してくれるといいですね。

今後の集会や会合などは、ブログをチェックしてください。

個人的な事情で、どりあんは今後の「たますわ」には出られなくなりましたが、「たますわ」は今まで通り、月に1度の活動報告持ちよりと、それに対する議論白熱?で続けていきますので、お時間のある時はご参加ください。
cats

次回は、4月22日(月) 17:00~ サポセン南ラウンジ