報告:びえほさん

本日、OLDs@大宮が大宮駅西口デッキで宣伝活動を行いました。
c

参加者はOLDsから一人。
e
あと浦和スタンディングからトラさんとけんちゃんが応援にきてくれました。
(トラさんはシールアンケート、けんちゃんはスタンディング)
a
b
週間天気予報では悪天候の予報だったのですが、雲一つなくきれいに晴れて、ぽかぽか陽気でした。
ただ風がちょっと冷たかったです。

本日の成果は署名1筆、チラシ22部でした。

小中高校が春休みになったのでしょうか、今日は制服姿の生徒さんが目に付きました。
トラさんも今日は大勢ゲットできて満足げでした。

トラさんから私の所に送り込まれてきたのも小中高校生ばかり。
小学5年生の女の子、中学1年生の男の子、そして二人連れの女子高校生二組と小中高が勢揃い。
いずれも「憲法9条って何ですか」とトラさんに質問したのが運の尽き。
「はい、じゃあ、こちらへどうぞ」と私の所まで連れてこられた子どもたちです。

いちばん反応がよかったのは最年少、小学校5年生の女の子でした。
f
法律と憲法の違い、戦前の憲法と戦後の日本国憲法の違い、9条の意味、アベ氏の改憲案の狙い、新安保法制との関係について話したのですが、退屈する様子は全く見せず、話しが進めば進むほど、目の光が強くなっていきました。

これと対照的だったのが中学1年生の男の子。
i
くりくりの坊主頭にくりくり目でかわいらしい。
でも「僕、馬鹿だから」を繰り返し、視線も定まらず。
どこまで理解してもらえたのでしょうか。

二人連れの高校生二組は上の二人の中間かな。
h
でもこの子たち、あと何年かで選挙権を持つことになるわけです。
それなのに学校での社会科の授業は大きく遅れをとっていますね。

一つ気になったことがあります。
自衛隊については合憲論と違憲論がある、っていう説明の時、「自衛隊は軍隊でしょ」と言っても、もわっとした反応しか返ってこないことがしばしばです。
今日の高校生組もそうでした。
まさか自衛隊は軍隊ではないって教えられているわけじゃないでしょうけど。

さて全体でみると、
g 
本日の若年層は他に20代の女性一人(濃いお化粧で、いつもは受け取ってもらえないタイプ)と30代の男性二人(一人は体格のいいスポーツマンタイプでやはりいつもは受け取ってもらえないタイプ)と少数ながらうれしい反応。

ただ過半数(13名)がロートル(死語? 差別語?)であるのはいつも通りでした。