報告:ムツゴローさん

今年もあと3日で終わろうという押し迫った暮れの午後、
北浦和駅前は大変賑やかになりました。

現れた順番で言うと、寅さん、ムツゴロー、クジラさん、
1546070887862
ケンちゃん、ゲンさん、
1546070951552
ゲンさんが見せているのは日刊ゲンダイで見出しは
「最悪の時期に最低の首相のご愁傷」
「平成と資本主義の終焉がもたらす激動」

カナブンさん、枯れ木さん(+パトラ)
1546071020761
1546071034859
寅さんが喜んで写真を撮りまくりました。
クジラさんの参加でスタンディングが再び活気づいたと。

通行人とのトークも性別年齢様々
ムツゴローのトーク相手は3人、
一人目はシールアンケートで「改憲の議論をすべきでない」に貼った元気そうな退職者風の男性、根っからの平和主義者で
「軍隊で国は守れない」、
「自衛隊という名前はよくない、災害救助隊にすべき」
「中国や北朝鮮が攻めてくることは考えられない」
と断言。
「仲間に入ってくれるといいね」と寅さん。

次は、中学生の男子生徒の二人連れ、
「憲法9条を変えた方がいいと思う?」
「思わない」
「どうして?」
「戦争は嫌だから」、
「そうだよね、じゃあ、改憲に反対しようね。」
「うん」

最後は、公認会計士を目指して勉強中の青年、
「憲法は時代に合わないところがあるから変えた方がいいと思う」、
「国を守るためには軍隊は必要」
「安倍政権は必ずしもいいとは思わないが、とりあえず就職状況が改善したし、他の政権でよくなりそうな気がしない」などと主張、
「アメリカの言いなりに武器を爆買いさせられ、アメリカの戦争に駆り出されていいのかな」
「それはちょっとまずいと思う」
「政権にまずいところがあれば、ノーという意思表示をしないと、独裁国家になってしまうのでは?」
若者は
「こういうところに立っている人は、何でも反対している変わった人ばかりだと思っていたけど、ちゃんと考えている人もいるんだということがわかった」
と言って去っていきました。
自民を支持する若者の典型です。
ちゃんとした仕事に着けるかどうかが選択のポイントになっています。
→「左派は経済を語ろう、希望が持てる見通しを示そう」です。

クジラさんのプラカードは洗濯ばさみと水筒のベルトを活用。
1546070902431
1546070929281

追加のコメント(今年の感想、来年の抱負などなんでも結構です)よろしくお願いします。