東京書籍に決まったそうです。😊😊

日本教科書、廣済堂あかつき、教育出版は問題があると指摘されていました。
東京書籍に決まって良かったです。

※コメント欄に森まりもさんが報告を書いてくださいましたので、こちらに移しました。

報告:森まりもさん

採択の傍聴希望で行ってきました。
傍聴席20に対して、9時半の時点で41名。くじ引きになりました。(本当に棒を一本ずつ引きました)
「来年は希望者全員が入れるようにしてください!」という声も上がり、担当者は明言を避けましたが、改善されることを望みます。

さて、私は抽選に外れましたが、「よりよい教科書を子どもたちに!川口ネット」の会の方たちが用意してくださった資料をいただきました。その中に、もし傍聴する場合はもっているととても役立つ資料がありました。
どういう流れで進むか、どこを特に気をつけて聴くか、出版社別の評価が書き込めるような表もついていました。こういう準備を、長年関わってくださっている方々が、共有しましょうと用意してくださったことを、とても有難く思いました。

昨年は最後が非公開になり、結果は翌日のホームページで発表されました。
今年は知人からお昼ごろ、携帯に結果だけ速報が入りました。ということは、全面公開で決まったのだと思います。長年の希望がやっと叶ったことになります。

私からは詳しい報告はできませんが、これからも市民の一人として、注目していきたいと思います。