報告:寅さん

昼の部は、写真の今日子さんの後方にある街宣車から聞こえてくる大音響の中のスタンディングとなりました
1511691341617
午前中に聴いた、歩笑夢さんの音楽の余韻が、ハンマーで頭の中から叩き出されるような、辛い時間帯でした

最初に立ち寄った男性は、いきなり、「改憲とはどういう意味なんだ」と聞いてきました
私が、こうこうこうです、と答えると、先生は、
「それは、加憲で改憲ではない」と難しいことを言ってきました
私が、「改憲でも加憲でもいいじゃないですか。憲法から何条か削ったら、それは、改憲じゃなくて減憲と言うのですか?」と言いましたら、 
先生に、「あんたは、親切ではない」と怒られました
やれやれ

夜の部は、憂国さんとフジ子ちゃんが来ました
1511691360537
二人の話しを聞くともなく聞いていましたら、
フジ子ちゃんの、
「○○は○○」だという、恐ろしいい言葉が聞こえてきました

これは、聞かなかったことにしよう

若い女性が、スマホで電話をしながら近づいて来て、シールを頂戴という仕草をしました
私のことをおちょくってるのかなあ、とも思いましたが、彼女にシールを渡しました
彼女は、耳からスマホを外さないまま、「改憲は必要ない」にシールを貼り、
ポツリと、
「前から、一度シールを貼りたいと思ってた」と言いました

いつもなら、シールを貼って下さった方に、その理由を聞くのですが、
電話中の人にそんなことを聞くのは失礼かな、と思って、
黙ってサヨナラしました

なんでか知らないけど、嬉しかったです

喜んでる場合じゃなかったかも知れないけど、
嬉しかったです