リレーカフェ事務局より

夜間中学がテーマの「郵便机」という作品の朗読会をしました。
IMG_20171029_180419
「郵便机」の本の作者は戦後、
「自らのあらゆる能力と時間を、子どもたちにむかって解放しなくてはならない」
として、夜間中学の教師を経て、児童百科事典の編集、
そして子どもの本の翻訳や再話や評論、創作と、
本当に30数年の間に、たくさんのいい仕事を残して逝かれた瀬田貞二さんです。

中学生のころ「ナルニア国物語」(瀬田貞二さん訳)が大好きだったと言った女性。
「郵便机」で、まりをリレーする場面に、
二年前の国会前で声をあげていた若者たちの姿を思い出したと言った読み手の一人。

皆さんと一緒に味わえてよかった!
「こんな会」またいつか。


次回の予定は11月18日(土) 18:00~ コムナーレ9階 第15集会室
私たちの草の根活動のこれから~衆議院選挙を終えて~

2017-10-27_22h40_12